消化器内科


 消化器内科では軟性鏡を使ってIBDやリンパ腫の診断、腹腔鏡を使って肝臓や腸の生検を行います。


内視鏡検査

オリンパス CV-260

 

食道、胃、十二指腸、結腸などの疾患を調べます。同時にバイオプシーを実施し、炎症の程度や種類、あるいは腫瘍性の変化がないか調べます。


 主に嘔吐や下痢などの患者さんに適応します。検査中は必ず全身麻酔下で行います。

 

動物のサイズに合わせて4種類のスコープを用意しています。

 

内視鏡検査


腹腔鏡検査・手術