<当センターにおける発作診療>

犬および猫が発作を起こす原因は様々あります。犬・猫の場合は脳に原因があるてんかん発作が最も多いですが、他にも、痙攣や過剰なよだれを起こす内臓の病気や一時的に異常な歩行を起こす骨や関節の病気、失神や短時間の痙攣を起こす心臓病なども“発作”症状を起こし得ます。

特に発作を起こすような内臓や心臓の病気は即座に命に関わることがあるため、なるべく早期の診断と治療が必要です。

当センターでは上記の発作を起こす病気の正確な診断を心がけています。発作を起こし来院された患者様に対しては、まず問診(※発作問診票の記入にご協力ください)や身体検査・血液検査などで脳疾患以外の病気(頭蓋外疾患)の可能性を否定します。その結果、発作の原因が脳(すなわち“てんかん発作”)である事が示唆された場合は、てんかん診断の国際基準(IVETFの基準)に則った精度の高い診断に進みます。

1〜2日で診断結果とその後の治療方針を決定しお伝え出来る事が多いです。

基本的には診断を行った上で治療を開始しますが、状況によっては緊急治療を優先して行う事もあります。

なお、発作の原因が骨関節の病気であったり心臓病であったりした場合は、それらの病気に関して高い知識を有している当センターの獣医師から意見を求めます。

神経科獣医師 大竹 大賀

※発作問診票はこちらからダウンロード・印刷してください。