症例

レッグ・カルベ・ペルテス病に対する大腿骨頭回転骨切り術

  レッグ・カルベ・ペルテス病:LCPDに罹患したワンちゃんの手術をしてと欲しいと主治医から連絡がありました。CTでは背側の寛骨縁領域の大腿骨頭の病変が
確認されましたが、腹側領域は健康な軟骨が温存されていました。このようなケースでは大腿骨頭回転骨切り術(FHRO)が適応と考えられます。
通常は大腿骨頭頸部切除術(FHNE:文字通り頭部と頸部を切除して無くしてしまう。)が選択されるところですが、人と同様の治療方法として(人はFHNEは絶対にしない、年齢的に人工関節もできない。)何らかの軟骨温存療法が行われています。このワンコも病変部位を寛骨臼の中にContain:封じ込めるFHROで対応しました。
犬では過去においてLCPDに適応されたケースはまだ少ないのですが、FHNE一辺倒ではなく軟骨の温存が期待できる限り、FHROなどのような術式により軟骨温存をチャレンジすべきと考えています。

症例カテゴリー

ページトップへ