症例

レッグ・カルベ・ペルテス病に対する大腿骨頭回転骨切り術(FHRO)

ペルテス病に対する骨頭回転術は人の整形外科領域で行われている軟骨温存外科療法です。
現在、動物医療では大腿骨頭頚部切除関節形成術(FHNE)という手術が一般的に行われています。
※骨頭と頚部を全て切り取ってしまう。(うまく切り取り、積極的なリハビリが勧められる。)

今回、我々は整形外科の権威である樋口先生が動物で初めて考案された樋口式大腿骨頭回転骨切り術を
実施し、経過観察中です。このまま、自骨(軟骨)が温存でき十分な機能回復が期待できる
ことを願っています。

まず、第1例目の患者さんは11moのマルチーズの男の子、第2例目は9moのトイプードルの女の子です。
荷重部位を寛骨臼内にContain(封じ込め)させ新生骨によるリモデリングを待つというものです。
背側の寛骨縁に位置していた軟骨の陥没、変形部位(びらん、潰瘍はない)が回転し、寛骨臼内に
封じ込められている様子がCTで確認できます。

症例カテゴリー

ページトップへ