ダクタリ会

症例

レッグ・ペルテス病(FHNE+PA)

左側の大腿骨頭に異常があり跛行を呈しているワンコの精査と必要があれば外科的に対応して欲しいと主治医から連絡がありました。年齢、発生状況、キャップ骨折、頸部の骨硬化像などからレッグ・ペルテス病が強く疑われました。病期が進んでいるため、残念ながら人医領域(※一部の獣医整形外科医)で行われている軟骨温存療法であるFHRO(大腿骨頭回転骨切り術)は適応ではありません。この問題に対して、除痛目的で骨切り部分のBone to Bone インピンジメント予防の目的で大腿骨頭頸切除関節形成術+寛骨臼部分切除術:FHNE+PAで対応いたしました。術後は鎮痛剤を使いながら早期に水中トレッドミルなどによるリハビリテーションがお勧めです。

症例カテゴリー

ページトップへ