ダクタリ会

症例

有痛性の肩関節脱臼に対する関節固定術

トイ・プードルの有痛性の肩関節脱臼に対し、肩関節固定術を行いました。肩甲骨を球形に股関節用のリーマーを使い切削します。その後、上腕骨の軟骨を搔爬し、海綿骨を露出します。球形の形状により関節面の骨接触面積を増大することが可能です。リコンストラクションプレート、サポートプレートにより関節固定術を行いました。このワンコは脱臼により、激痛があったので、この手技により一定の除痛効果と運動機能の回復が期待できます。しかし、骨癒合が達成されるまでの間、当面は安静が必要です。

症例カテゴリー

ページトップへ