ダクタリ会

症例

橈骨固定術

子犬が橈骨を骨折しているので、整復をして欲しい。主治医の先生より電話がありました。橈骨遠位端の様です。骨幅7.0mmに対し、メインプレートは1.5のチタンプレートで整復固定。この骨幅に対してこの固定のみだとやや強度不足と考えられました。これを担保するために、内側から1.5のロッキングプレートをOrthogonal Plateとして部分的にロッキングスクリューで近位はモノコルチカル、遠位はバイコルチカルで固定しました。2.0を使用するかとても悩みましたが、若い子なので、早期に骨癒合してくれるとが期待できます。

症例カテゴリー

ページトップへ