ダクタリ会

症例

橈骨癒合不全

2kgのトイプードルさんが橈骨遠位端を骨折し、しばらく外固定で経過観察をしていたが癒合状態が良くないとのことで主治医より相談がありました。1.5チタンロッキングシステムを採用し、整復を行いました。また、同時に多血小板フィブリンゲル(PRF)を足場にした自家海綿骨を癒合不全部位にインプラントと同時に移植し、骨再生の促進を期待します。

 

症例カテゴリー

ページトップへ