ダクタリ会

症例

球状切削肩関節固定術〜トイ・プードルの肩関節脱臼〜

Toy poodleさんのChronic Shoulder Luxationに対して、全置換用の寛骨リーマーを利用した球状切削による肩関節固定術で救済した。従来のパラレルカットと球状切削との比較では骨同士の接触面積は2倍となる。また、元々骨量の少ない、小型犬の骨切除をほとんどしないで関節を固定できることが最大のメリットである。また、骨癒合の促進を期待して、PRP:自己多血小板血漿とβ-TCPにより作成したグラフトを使用。固定にはTitanium Locking Plate 2.0をOrthogonal Plateで強固に固定。救済的関節固定術は犬にとっての関節機能を失うが、極めて高いQOLの向上と除痛効果が得られる。

症例カテゴリー

ページトップへ