症例

環軸不安定症

環椎と軸椎の不安定症により、四肢不全麻痺を来した患者さんに環軸固定術を実施しました。チタンピンをそれぞれの椎体に埋入し、チタンメッシュとポリメチルメタクレーを一括塊状固定を実施します。環椎と軸椎の関節面は軟骨を掻爬し、上腕骨から海綿骨を移植し、永久的な関節固定術により椎体の不安定症を解消し、神経症状を改善する。ということが最終目的です。

症例カテゴリー

ページトップへ