症例

短頭種上部気道症候群(フレンチ編)

パグ、ブルドッグ、フレンチブル、シーズー、ボストンテリアなどの鼻ペチャ種には生まれつき上部気道の狭窄が生じ、呼吸状態に問題が起こる事はよく知られています。それぞれ外鼻腔形成術と軟口蓋切除術で対応します。術後の呼吸状態は格段に改善し、期待される予後は非常に良好です。見た目はほとんど変わりありません、

症例カテゴリー

ページトップへ