症例

肘関節固定術

保護猫ちゃんの、陳旧化した肘関節脱臼。かかりつけの先生より、なんとか整復できないか?とのご相談。
脱臼後、数ヶ月経過しており、整復は困難と判断。痛みを取るための肘関節固定術を選択。
なんと、2ヶ月後の再診時には、リハビリも必要とせず自由に生活しているとのこと。
猫は肘関節の固定術にはよく耐えてくれます。

症例カテゴリー

ページトップへ