ダクタリ会

症例

股関節脱臼に対するトグルピン変法

ファーからジャンプした後から、後肢を挙上して痛がっているとのことで小型犬が受診されました。X線検査で股関節脱臼が確定されました。幸い股関節形成不全は併発していませんでした。トグルピン変法によりTi-Cron(コーティッドポリエステル)を人工靭帯として大腿骨頭靭帯を再建しました。もっとも生理的状態に近い脱臼整復方法です。また、遊べるようになります。

症例カテゴリー

ページトップへ