症例

股関節脱臼

5歳のトイ・プードル股関節を脱臼し、困っているのでなんとかして欲しいと主治医から連絡があり、トグルピン法で対応。しばらく安静にして徐々に運動を始めます。
大腿骨頭切除関節形成術(FHNE)は最終手段です。関節を温存する理由は、痛みが少なく、回復が早いこと、運動機能が今まで通りに改善することなどが挙げられます。

 

症例カテゴリー

ページトップへ