ダクタリ会

症例

肩関節脱臼に対する球状切削型関節固定術

にトラブルのあるワンコが続いている。後天性に脱臼するタイプと先天性の脱臼ではその対応も異なる。もし、機能障害や痛みが生じているようであれば、一般的に犬は関節固定術によく適応するので除痛のため関節固定術お勧めしている。関節固定術に際して、小型犬の肩甲骨は非常に薄いので注意が必要である。我々は骨切削の領域を最小限にしたいと考えており、最も小さいトータル・ヒップ用の寛骨リーマーを用いて球状に肩骨骨関節面を切削し、早期骨癒合を期待して上腕骨との接触面積を増大させる事を実施している。この骨切削は球形のため、パラレルカットよりもアライメント調整がしやすくなる。さらに治癒促進目的で固定部位にPRPとβ-TCP、自家海綿骨のカクテルを移植している。骨親和性に優れるTitanium Locking Plateをベンディングとツイスティングによるダブルプレート法で強固な固定を行う。しばらくは安静にしていただき必要があるが、徐々に機能回復が得られる。

症例カテゴリー

ページトップへ