ダクタリ会

症例

肩関節脱臼に対する球状切削型関節固定術

を脱臼して前肢が使えなくなっているワンコがいるのでなんとかして欲しいと主治医から連絡がありました。エックス線で内方脱臼が確定されました。今回は最も除痛効果に優れた関節固定術を選択しました。超音波メスで上腕骨頭の関節軟骨の完全な掻破術を行います。その後、肩甲骨側は人工関節用の寛骨用リーマーを使って球状に切削します。
これにより従来のパラレルカットに比較して、球状となった骨接触面は約2倍に増加することになります。このことは関節固定には非常に有利な条件となります。固定部位にはPRPとβ-TCPと自家海綿骨の混合ゲルを埋入しさらに癒合促進を期待します。メインの固定にはTitanium Locking Plateをベンディングとツイスティングを行い、サポートプレートを追加しダブルプレート法で強固に固定を行いました。定期的にエックス線で骨癒合の確認が必要です。

症例カテゴリー

ページトップへ