症例

膝蓋骨内方脱臼

年齢不詳の保護犬(推定5歳)を家族に迎え入れようとしたところ、主治医の先生に膝が悪いので治した方が良いとのことで手術しました。
両側の膝蓋骨内方脱臼グレード3、脛骨粗面移動、ウエッジリセッション、関節包の再建により膝蓋骨伸展機構を正しく再構築しました。
しばらくは安静とリハビリが必要ですが、これでうまく歩けると思います。

症例カテゴリー

ページトップへ