ダクタリ会

症例

膝蓋骨内方脱臼

プードルさんがソファーからジャンプして、直後から足を痛がっているので、手術で対応してほしいと主治医の先生より連絡がありました徒手とエックス線により、膝蓋骨内方脱臼と診断しました。ドロアーサイン、脛骨圧迫試験は陰性で関節可動域も正常範囲内でした。浅い滑車溝を深く切削し、脛骨粗面を外側に移動させました。しばらくは安静ですが、抜糸が終わる頃には徐々にリハビリを開始していただけます。基本的に予後は良好です。

症例カテゴリー

ページトップへ