ダクタリ会

症例

超小型犬の前十字靭帯断裂に対するCBLO #156

小型犬の前十字靭帯断裂に対して対応して欲しいと主治医より連絡がありました。超小型犬のため脛骨近位が非常に小さいのでプレートのレイアウトには気を使います。シミュレーションを繰り返した結果、2.0 Locking CBLOで対応しました。しばらくは安静が必要ですが、一般的な予後は大変良好です。

症例カテゴリー

ページトップへ