症例

Orthogonal−Plating イタリアングレーハウンドの橈尺骨骨折

イタリアングレーハウンドの橈骨骨折です。かなり遠位で折れているということで、紹介受診
となりました。2枚のチタンプレートを直角方向に埋入しました。これによる断面二次モーメント
から、インプラントにかかる最大応力はおよそ1/3になります。
ただし、SUSのヤング率に比較するとチタンは55%しかないため、ストレスシールディングを
起こすほどの過剰な強度ではないと思われます。癒合の状況を確認しつつ、フォローアップが必要です。

症例カテゴリー

ページトップへ