症例

内側鉤状突起分離症

    若い大型犬の前肢跛行の精査依頼がありました。整形外科的な触診では肘関節の内側に圧痛が確認されました。エックス線では尺骨内側の骨硬化像、肘関節関節面の不整合性が確認され肘関節形成不全が疑われました。この病気を詳しく見るためにはCTが有効であり、分離した遊離骨片が認められました。関節鏡とミニ関節切開により遊離したフラグメントを摘出しました。次の追加処置として、尺骨の骨切り術、上腕骨の骨切りなどが検討されますが、この症例では行なっておりません。短期的にはこの骨片を除去することで除痛効果が期待されます。

症例カテゴリー

ページトップへ