ダクタリ会

TOPICS

  • 動物の医療費は高いのか?

    動物の医療費は高い。本当の事を言うとそれは間違っています。動物の医療において病気の診断、外科手術、緊急外来の平均価格を人の医療と比較すると、コストはそれほど安くないにしても実施する内容は人の医療と何ら変わりがありません。また、動物病院には人で使う...

    続きを読む
  • 膝窩動脈に注意。

    先日、とある動物整形外科の勉強会でTPLOやCBLOなどの骨切り矯正術の際には膝窩動脈の走行に十分気をつけましょう。と非常に重要な話題の提供がありました。 もう一度解剖を整理。今まで通りの骨切りで問題ないか?再度、確認しました。CTを見返して、正常な膝窩動...

    続きを読む
  • Purdue University , College of Veterinary Medicine

    先日、米国インディアナ州ラファイエットにある”パデュー大学 小動物画像診断科”で短期研修の機会を得ました。パデュー大学があるこの地域は、他人への親切心やおもいやりの心があることを美徳とする日本人に似た感性をもつ人が多い地域のようです。  &nbs...

    続きを読む
  • 米空軍横田基地の動物診療所視察

    獣医師の雲野です。先日、町田市獣医師会有志で、米空軍横田基地の動物診療所を訪問しました。獣医師10名、看護師5名のバスツアーで和気藹々と町田市を出発し、約1時間半程で横田基地に到着しました。診療所には獣医師2名が在勤し、うち1人が日本の方でした。動物を...

    続きを読む
  • Yokota Air Base Vet Clinic視察〜看護師国家資格化に向けて〜

    看護師の西村です。町田市獣医師会有志の皆さんと東京都福生市の横田基地内にある動物病院を見学させていただきました。 現在の獣医療においてアメリカは技術や知識などが進んでおり、日本に比べ動物看護師の果たす役割も多いのです。日本では令和5年...

    続きを読む
  • 猫の生体腎移植〜移植で救われるふたつの命〜

    生体腎移植によって救われる”ふたつの命”があります。ひとつは”猫の慢性腎不全”から救われる命、もうひとつは人間の勝手な都合で行われる”殺処分”から救われる命です。慢性腎機能障害の猫ちゃんが当センターで生体腎移植を受け1年が経過しました。当時はかかりつけの...

    続きを読む
  • ACVS 2022 Portland Oregon

    Covid-19のパンデミックの影響でしばらく対面開催が見送られていたACVS Surgery Summit 学会がポートランドのオレゴンコンベンションセンターで開催され参加してきた。オレゴンといえば”オレゴンから愛” 大自然のイメージである。  私は前日入りし、前十字...

    続きを読む
  • IVECCS2022 in San Antonio, Texas

    2022/9/7-11にテキサス州サンアントニオで開催されたIVECCS (International Veterinary Emergency & Critical Care Symposium)に参加しましたのでご報告します。IVECCSは毎年9月にアメリカで行われる獣医救急・集中治療分野の国際学会です。今回は国際獣医救急...

    続きを読む
  • Omoiyari(Altruistic Sensitivity) A core Japanese Cultural Value

    日本の文化は思いやりの文化=子供のOmoiyari(利他的感受性)を動物との生活で育む。For Japanese parents, enabling their children to develop the fundamental cultural value of Omoiyari (altruistic sensitivity)is important since it is regarded as the co...

    続きを読む
  • VCOT Open 論文掲載

    Use of an Autologous Bone Graft Derived from Three Caudal Vertebrae for Reconstruction in a Dog with Radioulnar Atrophic Nonunion and OsteomyelitisVCOT Open 2022;5:e93–e97. Case Report1 All Heart Animal Referral Centre, Machida, Japan2 Daktari An...

    続きを読む
  • シドニー研修

    外傷や病気で失われた股関節の関節機能を人工関節で再建する技術習得のため、シドニーにあるAnimal Referral Hospitalで整形外科のトレーニングを受けてきた。現在、動物医療において猫や小型犬では”大腿骨頭頸部切除術で治療した事”とされている。この現状に対して”...

    続きを読む
  • エルマン・サージトロン

    手術といえば、凝固、切開、切除、止血。凝固、切開、切除、止血。凝固、切開、切除、止血。。。。手術中はかなりの時間、この作業を呪文の様に繰り返すことになる。そこで、短時間で侵襲が少ない手術のために優れた電気メスの存在は欠かせない。手術室でメインのエ...

    続きを読む
ページトップへ