より専門的な医療を
必要とする方へ

二次診療動物病院
オールハート動物リファーラルセンター

”エマージェンシーと
リファーラル”

2つの柱を基本とし、地域の
動物医療発展に貢献します

  • Emergency

    緊急時のご利用方法

    緊急時はエマージェンシー対応(緊急対応)を行っています。いつもと様子が違い、かかりつけの動物病院と連絡が取れない場合は、当センターへご連絡(ご予約)の上ご来院ください。

    ご利用の方法ページへ
  • Referral

    動物病院様へ

    ホームページより紹介状・発作問診票をダウンロードいただけます。また、紹介状は主治医様からのメール・FAXにもご対応しております。

    動物病院様ページへ

MRI検査

24時間対応

救急救命24時間対応(要電話確認 TEL 042-708-9600)

緊急サインを見逃さないでください詳細はこちら

地域医療と連携し
専門医療を提供

  • 検査・診療設備

    オールハート動物リファーラルセンターでは、診察室・臨床検査室・ICU・処置室・手術室・X線CT室・MRI室など診療や手術、検査のための施設や設備を揃えております。より、専門性の高い高度な治療を行うために最新の設備は欠かせません。医療設備の進歩とともに、常に新しい設備の導入を検討しております。また、入院のための部屋やリハビリのためのリハビリテーションルーム・リハビリテーションプール、ドッグラン、スタッフのためのカンファレンスルームなど様々な施設も併設してあります。

    診療設備ページへ
  • 獣医師・動物看護師・受付

    専門的な知識や技術を持ち合わせた獣医師・動物看護師・受付が在籍しております。院長は日本動物病院協会 認定外科医であり、整形外科、最小侵襲整形外科、関節疾患、救急外科を専門としております。その他、軟部外科/腹腔鏡手術・救急医療の専門、また、外科・救急医療・整形外科・泌尿器外科を専門としているドクターがそれぞれ診療にあたります。

    メンバーページへ

症例

  • Feline Meningoencephalomyelitis of Unknown Origin : 猫の由来不明髄膜脳炎 FMUO

    12歳の猫が2週間前よりふらつき、食欲不振、硬直性の痙攣が...

    More
  • IBD?それともリンパ腫?

    内視鏡検査で炎症性腸疾患:IBDと診断され数ヶ月間にわたり治...

    More
  • 尾状葉乳頭突起に限局した高分化型肝細胞癌

    13歳のミニチュアダックスがかかりつけ医で定期的な健康診断...

    More
  • 超小型犬の前十字靱帯断裂に対するCBLO

    犬の前十字靱帯断裂に対してCORA  Based Leveling Osteo...

    More
  • 内側鉤状突起分離症

        若い大型犬の前肢跛行の精査依頼が...

    More
  • 椎間板ヘルニア

    7歳のミニチュアダックスさん。1週間前からなんとなく元気が...

    More
  • Renal Descensus and Cysto-Nephropexy 〜腎臓下方移動膀胱腎固定術〜

    14歳の慢性腎機能障害で治療中の猫が急性悪化している。また...

    More
  • 猫の消化管型リンパ腫(腸穿孔を伴う)

    7歳の猫が食欲不振、嘔吐、貧血を主訴に主治医を受診しました...

    More

地域の獣医と連携し、
専門的な動物医療を

リファーラルセンターとは、かかりつけの獣医師からの紹介により専門的な治療を行う医療施設です。
オールハート動物リファーラルセンターでは、エビデンスが確立している治療を正しく提供すると言う信念のもと、そのために必要な設備・スタッフを揃え、地域動物医療の分業をめざしています。

日頃のケアはホームドクター、いざという時は当センターまでご連絡ください。
※当センターでは、ワクチン接種、ノミ・フィラリア予防等は行っておりません。

救急救命24時間対応
(要電話確認)

ご家族が救急と判断された場合は、いつでもご連絡ください(042-708-9600)
24時間・365日・年中無休、スタッフが常駐。入院ケア体制も完備。

〒195-0071 東京都町田市金井町2857-6

ページトップへ