症例

尾状葉乳頭突起に限局した高分化型肝細胞癌

13歳のミニチュアダックスがかかりつけ医で定期的な健康診断を行なっていたところ、症状は一切ないがCRPのみ、常に中程度の高値を示している。一般状態に異常は確認されず元気、食欲あり、発熱もなしとのこと。腹部エコーを詳しく行いましたが、軽度の胆嚢炎が検出されるのみで特記所見はありませんでした。ご家族と主治医が相談され、原因究明のため全身のCT検査の依頼があり実施したところ、肝臓の一部の葉に限局して造影増強が確認されました。画像より肝臓の腫瘍が疑われたため、開腹し、肝葉切除術を実施しました。術後は速やかにCRPは低下し正常値となりました。病理検査では肝細胞癌と診断されました。健康診断時に行う血液検査にCRPを組み込むことによって何らかの病気の存在が疑われ、直ちにCTなどの細かい精査に移行したことにより、腫瘍の早期発見につながった患者さんです。今後は定期的にCRPの上昇と腫瘍の再発をモニターしていくことになりました。

症例カテゴリー

ページトップへ