症例

猫の消化管型リンパ腫(腸穿孔を伴う)

7歳の猫が食欲不振、嘔吐、貧血を主訴に主治医を受診しました。腹腔内に腫瘤病変を確認後、精査を希望され来院されました。
超音波検査では消化管壁の著しい肥厚と内腔の狭窄、腫瘍による腸閉塞と診断しました。全血輸血後に開腹し、腸に形成された
腫瘍を摘出、吻合術を実施しました。腹水の検査では細菌培養が陽性であり、腫瘍の一部が破裂し、大網により修復されたと
考えられました。このような症例ではMASSの細胞診でリンパ腫と診断されても、手術なしで直ちに抗がん剤を投与することは
のちに細菌性腹膜炎を悪化させるリスクが非常に高くなります。多少のリスクがあったとしても小腸の腫瘍切除が必須となります。
術後も全血輸血を投与し、また栄養カテーテルより積極的な栄養管理を実施し、小康を得た時点で退院となりました。
のちの病理検査では消化管型リンパ腫と診断されたため、抗がん治療が計画されています。

症例カテゴリー

ページトップへ