ダクタリ会

症例

脾臓腫瘤破裂による腹腔内出血

高齢のMIX犬が車から飛び降りた時にお腹をぶつけ、それ以降元気がないという主訴で来院しました。血液検査では重度貧血と血小板数の減少が見られました。エコー検査では腹腔内に出血が確認され、脾臓から発生した巨大腫瘍が見つかりました。以上のことから、脾臓腫瘤からの出血と診断し治療を開始しました。貧血が重度に見られたため輸血処置を行い、その後、腫瘍摘出を行いました。幸い脾臓以外に悪性を疑う所見は見られず、病理検査でも良性病変と診断されました。術後は良好な予後が期待できます。

症例カテゴリー

ページトップへ