症例

IBD?それともリンパ腫?

内視鏡検査で炎症性腸疾患:IBDと診断され数ヶ月間にわたり治療を行なっていたワンちゃんです。最近になり下痢や嘔吐が再燃し、今までの治療では改善しなくなってきているようだとのことで来院されました。このような場合は腫瘍疾患、特にリンパ腫を心配しなくてはなりません。超音波検査では空腸領域にびまん性に壁構造の変化があると考えられました。この領域では内視鏡検査では届かないので、腹腔鏡アシストにより小腸の全層生検と腹腔内の生検を行うことになりました。まずは腹腔鏡を使って肝臓の生検を行なったのち、腹部に数センチの小切開を加え、小腸を体外に露出し、数カ所の全層生検を行いました。病理検査の結果はリンパ腫と診断されたため、直ちに化学療法に変更することになりました。このような病態の全体像を捉え、理解することはとても難しく、もともとの病気である炎症性腸疾患IBDが悪性に転化するのか?それとも、はじめから腸にリンパ腫が存在するのか?様々な学説があり、このワンコについては今となってはわかりませんが、治療に反応しなくなった時点で、すぐに全層生検を行い治療方針が大きく変わったという症例です。

症例カテゴリー

ページトップへ