ダクタリ会

TOPICS

Purdue University , College of Veterinary Medicine

先日、米国インディアナ州ラファイエットにある”パデュー大学 小動物画像診断科”で短期研修の機会を得ました。パデュー大学があるこの地域は、他人への親切心やおもいやりの心があることを美徳とする日本人に似た感性をもつ人が多い地域のようです。
 
 
 
米国獣医教育病院の朝は早く7時半には多くの教員らが病院に出勤し、症例検討会やレジデントの研究発表、学生とのクリニカルカンファレンスなどが始まります。
教育病院は人医と同様に各科専門科に分かれており、特に難解な症例は専門医による横の連携が取れていました。画像診断の専門医が超音波を使って腹部臓器の検査中に学生、インターン、レジデントを含む内科、腫瘍科、臨床病理の専門医が患者さんの病状ついてその場でディスカッションが展開される様子は大変興味深かったです。
 
 
今回、画像診断専門医の先生のもとで1週間という短期間ではありましたが、研修させて頂きより一層画像診断の面白さと米国と日本の獣医療や教育システムの違いを改めて実感することができました。
 
 
今回の研修を快諾していただいた村上先生、吉川先生この場を借りて御礼申し上げます。
研修で得た知識と経験を目の前の患者さんに還元できるよう、今後とも精進してまいります。ありがとうございました。
 
Dr.YH
ページトップへ